ブログ運用

パーマリンクはカテゴリつけちゃダメ!

更新日:

 

Word Press運用でまずはパーマリンクの設定だけど・・・


こんにちは。

元「本嫌い、パソコン嫌い、勉強嫌い」の
情報起業家-職人アフィリエイター「源」です。


今回はパーマリンクにカテゴリ等を付け加えると後々の修正作業が大変になるという事と、Word Pressでの設定方法をご説明します。

パーマリンクとは

パーマリンクとはPermanent Link(パーマネントリンク)という造語のことでドメインの後に着く固有のURLです。ページが増えても変わらないことから固定リンクとも呼ばれており、サイト内の住所のような役割を持っています。

他の方がリンクするのに使ったり、そのページに行けるように教える際などに使い、ドメイン+パーマリンク を使うことにより直接任意のページにアクセスすることができる。

私のホームURLがこれ。ドメイン部分です。

こちらが投稿記事のURL。枠の部分が設定パーマリンクになります。

Word Pressでの設定

編集トップ画面に行き、「設定」「パーマリンク」をクリック。

任意のリンク条件を選択し、 忘れずに画面下部の変更を保存をクリック。 これを押さないと反映されません。

設定はこれで終わりです。簡単ですね。

カテゴリをつけない理由

カテゴリといいますか、余計なものは極力つけないほうがいいです。いくつかあるので一つずつ説明していきます。

Googleにも明記されているシンプル構造化

Googleにも明記されている理想のURL構造を見てみましょう。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.php?idsezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

URL では区切り記号を使うと効果的です。http://www.example.com/green-dress.html という URL の方が、http://www.example.com/greendress.html という URL よりずっとわかりやすくなります。URL にはアンダースコア()ではなくハイフン(-)を使用することをおすすめします。

特に複数のパラメータを含む URL など、過度に複雑な URL は、サイト上の同じまたは同様のコンテンツを表す多数の URL を不必要に作成し、クロールの際に問題が生じることがあります。その結果、Googlebot で必要以上に帯域幅を消費したり、サイトのすべてのコンテンツをインデックスに登録できないことがあります。

出典:Google シンプルな URL 構造を維持する

余計な文字列は極力付けない

Googleで公表されているようにURL構造を複雑にしてしまうと最悪インデックス(登録)されない可能性があります。このことからID等の不規則な羅列は却下でしょう。

アンダースコアよりハイフンを

これもGoogleに明記されている通り、ハイフンを使うべきです。郷に入っては郷に従え、敢えてアンダーバーを使う必要はないはずです。

なぜカテゴリ(その他の文字列も)はつけない方がいい?

  • カテゴリ(パーマリンクの文字列)が変わるとURLが無効(リンク切れ)になってしまう。
  • パーマリンクの設定を変更するとアクセス数などがクリアされる。

この2点が挙げられます。

日本語表記だとこうなります。

ローマ字表記だとこうなります。「introduction」がカテゴリ、「aisatu」が投稿名です。これは私が任意のローマ字で設定し直したものです。

例えばカテゴリを変更したくなったとします

当初は記事数が少ないためにアプリ関連の記事も「パソコン」カテゴリに入れていた。

しかし、気付けば「パソコン」カテゴリの記事数も200近くに。アプリ関連の記事はその内の50ほど。これではゴチャゴチャしてしまうので、「アプリ」カテゴリを別で作ることに。

こんな時に、カテゴリをパーマリンク で設定してしまうと
「カテゴリの変更をするとURLが無効になるので、パーマネントの修正をする」
→ 「設定の変更によりアクセス数クリア」になってしまいます。

つまりカテゴリを変更したくなっても容易に変更できなくなるんです。

URLの文字列が変われば当然アクセスできなくなる

カテゴリが変わるとパーマリンク の文字列も変わるので存在しないURLとなりアクセスできないんですね。じゃあパーマリンク 新しくすればいいじゃんと思うでしょう。

せっかくもらえた被リンクが無効になる

これが何故ダメかというと先ほど挙げたように、アクセス数が0になってしまうからなんです。 せっかくもらえた被リンクもURL無効でパー。SNSなどのシェア数もゼロになります。

Word Pressプラグインでリダイレクトをしてくれるものがあり、それで回避できるようですが、わざわざ余計なものを付けて後の手間を作る必要はないのかなと思います。

リダイレクトとは簡単に説明すると郵便局の転送便ですね。引っ越しても移転先の住所に前住所宛の物を届けてくれるサービスです。これがあれば問題なさそうですがなんてことない作業とはいえ、なんらかの動きがサーバーにある限りパフォーマンスはわずかでも下がると推測します。

カテゴリをつけることによるメリットがデカければ導入価値はありますが、現状では後の労力とサイトレスポンスを犠牲にしてまでやる必要はないかなと思います。

今回は新規Word Press運用を考えている方向けの記事なので割愛しますが、参考までに詳しく乗っているサイトです。
WordPressでパーマリンク変更するなら必須なプラグイン「Permalink Redirect」

SEOに有効なんじゃない?

調べてみると皆さんSEOに影響はなく、投稿名だけにしても全く変わらないと推測します。

.htmlは付けたりしないの?

これは以前HTMLサイトなどを運営していた方などが、Word Pressに引っ越す際に拡張子をつけることによりURL構造を維持するためのものです。「.PHP」などもあるようです。

赤線部分ですね。

家の住所が「を組HTML1ー22ー3」だったのにいきなり「を組1ー22ー3」に変わってしまったら誰も訪れることができなくなってしまいます。なので住所が変わらないように、以前と同じURLを維持するための対処です。本来は必要ありません。

これを見ているあなたは新規運用だと思いますので、「.html」表記はつけなくて結構です。

教材に「カテゴリ」「.html」を付けると書いてあるけど・・・

私の購入したアンリミテッドアフィリエイトNEOの動画ではそう書いてあったんです。意味がわからなかったから調べた次第なんですが、動画作成日もおそらく古く私の見解では2つとも不要だと確信しています。

パーマリンクの名前は必ずローマ字表記に!

これは日本語表記の方がわかりやすくて良さそうですが、日本語表記だと文字化けしやすく(URLが変わってしまう!) アクセス不能になる可能性があります。

これが、

こんななってしまいます!

アフィリエイトにおいて機会損失は大打撃なので多少手間ですが必ず変更しましょう。

パーマリンク の変更方法

初期設定だとおそらくこうなっているので設定変更を忘れずに。

ローマ字表記は他の方がどんなページかわかるように関連したものにしましょう。

投稿(編集)画面を開き、タイトル下にあるパーマリンクの右手「編集」をクリック。

出てきた入力ボックス欄に任意のローマ字を入力。

この時誰が見てもどんなページなのかわかるようにページと関連性のあるものをつけましょう。

OKを押し、更新して終了です。

簡単ですね。少し手間だけど必ずやるようにしましょう。小さなことの積み重ねが身を結びます。

まとめ

SEO的にやったほうがいいなどの記述も見られましたが、現段階でカテゴリなどの余計な文字列はつける必要がないと言えます。
パーマリンクのタイトル表記も最悪リンク切れになってしまうので、必ず意味のわかるローマ字表記にしましょう。

いかがでしたか?パーマリンク だけで2日ほど調べるのにかかりましたが、無事解決です。これを見てくれているあなたも、少しずつステップアップして行きましょう。

PS.
このブログの構成、文法等おかしな箇所があれば是非ご連絡ください。
ブログを始めたばかりなので勉強したいです。

長くなりましたが、ここまでお付き合いいただき有り難う御座います。
質問、要望、批判、なんでも気になることがあればどんどん聞いてください!

他の方に迷惑になる行為はNGですよ!

では、また次回。

-ブログ運用

Copyright© 副業屋 , 2018 All Rights Reserved.